ARTICLE

起業家のみなさんへ

顧客に向き合うことは当然としても、先行きの不透明な中、何に備え、何に注力すべきか。私たちグローバル・ブレインの経験を共有させてください。

こんにちは百合本です。ここ数日、起業を志し、事業を興そうと奮闘するみなさんにとっては、困惑するような話題が多く降りかかっていると思います。顧客に向き合うことは当然としても、先行きの不透明な中、何に備え、何に注力すべきか。私たちグローバル・ブレインの経験を共有させてください。

市況の変化は必然です。しかし日本のスタートアップ・エコシステムはネットバブルの崩壊、ライブドアショックそしてリーマンショックという3つの大きな波を乗り越えて今があります。

私たちの創業は98年です。直後のネットバブル崩壊以降、ずっと眺めてきた一人として言えることがあります。それはこのエコシステムが強い、ということ。

なぜ強いのか。まず経験があります。スタートアップの方法や大企業との連携、資本政策、マーケティングに開発。エコシステム全体として蓄積してきたナレッジは、起業家や投資家それぞれがしっかりと蓄積をしています。これまでのショックを乗り越えた経験は必ず役に立つはずです。

次に人です。10年前、前の大きな市況変化の際、起業した面々はその時の記憶をもっています。その時どうしたのか、私たちのコミュニティはそれを教えてくれるでしょう。

今、不安になる情報がじわじわと広がりつつあります。もちろん、この機に顧客と製品に向き合い、チームとしての結束を確かめることは重要です。しかし必要以上に萎縮し一人で抱え込むことはありません。みなさんにはこれまでの20年で培った「経験」と「人」が大きな助けになってくれるはずです。

私が尊敬する稲盛和夫さんの言葉に「利他の精神」があります。大きな意味で助け合う心があれば、必ず自分たちの元に幸せは戻ってくる、そういう精神です。グローバル・ブレインはこの状況の中でも、志のある、次の世界を生み出す原動力を生み出すべく活動を続けます。

ぜひ一緒に頑張りましょう!