ARTICLE

GB Tech Trend #033: 「Oyo」の過去と未来 — 世界最大級のホテルチェーンはどこへ向かうのか

格安ホテルチェーン「Oyo」の新規調達ラウンドにMicrosoftの名前が上がっています。

Microsoftからの調達を目指す「Oyo」。Image Credit: Oyo。
Microsoftからの調達を目指す「Oyo」。Image Credit: Oyo。

執筆: Universe編集部

グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。

今週の注目テックトレンド

格安ホテルチェーン「Oyo」の新規調達ラウンドにMicrosoftの名前が上がっています。

TechCrunchによれば、ラウンドが成立すれば90億ドルの企業価値になるとされています。Oyoはつい先日、6.6億ドルの融資を受けたばかりで、パンデミックを生き残るための資金確保に必死であることが伺えます。

さて、ホテル業に関わりの持たないMicrosoftがリードとしてラウンド出資をすることに疑問を持たれる方は少なくないでしょう。報道では同社クラウドプラットフォーム「Azure」をOyoの主要システムとして導入させることが狙いにあるとされています。

政争が長く続くであろう中国に代わり、インドはその急成長市場の受け皿としては最適です。米国企業の参入も相次ぐインド市場で、GoogleやAmazonの巨大クラウドサービスとの競争になんとしてでも勝ち抜けたい戦略があると考えられます。コロナ禍で旅行需要が一時的に急落している今の内に出資をしておき、ホテル業界の主要基幹サービスとしてMicrosoftが挙げられるポジションを狙う姿が浮かんできます。

一方、客足の戻らないOyoは今後どうなっていくのでしょうか。

元々Oyoは、売り上げの低いホテルをオーナーから委託される形で事業を開始したと言われています。創業者のRitesh Aggrawal氏がオーナーに掛け合い、「ホテルの部屋を改造して綺麗にさせて欲しい。もし損失が出たら自分がかぶる。利益が出たら折半で」と言って事業を始めたと言います。最初のホテル事業は最終的に成功を納めて、提携ホテル数を拡大させていきました。

その中でも顧客の中心層となっていたのがインドのカップルです。宗教上の理由からホテルに通うといった習慣も市場もないインドにおいて、日本のラブホテルに代わる存在がOyoであったと言います。インドでは比較的珍しい(特に地方では)清掃やレイアウトが綺麗に行き届いていて、カップルで入っても煙たがれない格安の部屋を提供したのがOyoだったのです。

しかし彼らインドに住む若者のニーズ規模は馬鹿になりません。カップルの利用シーンから旅行へと繋がり、今ではあらゆるユースケースを抑えるまでの一大チェーン企業へと成長を果たしました。

海外の観光客がめっきり減った世界情勢の中、Oyoの獲得顧客戦略は、今一度こうしたローカルな国にいる、旅行とは違った根強いニーズを持つ若い男女層に立ち戻るかもしれません。中国市場でのサービス立ち上げに苦戦しているニュース等も報じられていたことから、本国インドでの再起に期待がかかります。

今週(7月26日〜8月1日)の主要ニュース

38億ドルの企業価値で大型調達を目指す「Ramp」(Image Credit:Ramp)
38億ドルの企業価値で大型調達を目指す「Ramp」(Image Credit:Ramp)

法人向けカード発行「Ramp」が38億ドル評価で調達目指す

コーポレートカード企業「Ramp」は38億ドルの評価額での調達に向けて交渉中とのこと。Founders Fundがリード出資することになっているという。— 参考記事

宇宙圏での船舶工場確立を目指す「Varda Space Industries」が4,200万ドル調達

宇宙関連スタートアップ「Varda Space Industries」は、シリーズAラウンドとして4,200万ドルを調達した。Khosla VenturesとCaffeinated Capitalがこのラウンドをリードし、Lux Capital、General Catalyst、Founders Fundなどの投資家が参加した。— 参考記事

クリプト企業「Vauld」が2,500万ドル

シンガポールを拠点とする暗号取引・借入プラットフォーム「Vauld」は、シリーズAラウンドとして2,500万ドルを調達した。Valar Venturesがこのラウンドをリードし、Pantera Capital、Coinbase Ventures、CMT Digital、Gumi Cryptos、Robert Leshner、Cadenza Capitalなどの投資家が参加した。— 参考記事

精神科医との予約や支援を行う「Talkiatry」2,000万ドル調達

精神科医療サービス「Talkiatry」は、シリーズAラウンドとして2,000万ドルを調達した。Left Lane Capitalがこのラウンドをリードし、Sikwoo Capital Partners、Relevance Venturesなどの投資家が参加した。— 参考記事

開発者向けブロックチェーン・プラットフォーム「Tenderly」が1,530万ドル

セルビアのイーサリアム開発プラットフォーム「Tenderly」は、シリーズAラウンドとして1,530万ドルを調達した。Accelが本ラウンドをリードし、Point Nine CapitalやVersion One Venturesなどの投資家が参加した。— 参考記事

AIによる音声注文技術「ConverseNow」が1,500万ドル調達

レストラン向けの音声技術メーカー「ConverseNow」は、シリーズAラウンドとして1,500万ドルを調達した。Craft Venturesがリードし、LiveOak Venture Partners、Tensility Venture Partners、Knoll Ventures、Bala Investments、2048 Ventures、Bridge Investmentsなどの投資家が参加した。— 参考記事

ビジネスカード・プラットフォーム「HiHello」が750万ドル調達

個人・企業向け名刺プラットフォーム「HiHello」は、シリーズAラウンドとして750万ドルを調達した。Foundry Groupが本ラウンドをリードし、Lux CapitalやAugust Capitalなどの投資家が参加した。— 参考記事

カード交換会社「Prepaid2Cash」、510万ドル調達

ギフトカードおよびプリペイドカードの交換会社「Prepaid2Cash」は、シリーズAラウンドとして510万ドルを調達した。Benson Capital Partnersがリードし、Relevance VenturesやAlabama Futures Fundなどの投資家が参加した。— 参考記事