ARTICLE

GB Tech Trend #022: ECの「返品体験」をアップデートするHappy Returns、PayPalが買収

商品を箱に詰めることなく、そのまま預けるだけで返品処理をしてくれる利便性の高さがウリです。

PayPalが買収した「Happy Returns」。Image Credit: Happy Returns。
PayPalが買収した「Happy Returns」。Image Credit: Happy Returns。

執筆: Universe編集部

グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。

今週の注目テックトレンド

5月14日、PayPalがEC返品ソリューションを提供する「Happy Returns」を買収したと発表しました。同社はEC利用者が商品を返品したい際、地元のショッピングモールや提携店舗で手軽に返品商品を預けられるドロップオフ・ネットワークを提供しています。商品を箱に詰めることなく、そのまま預けるだけで返品処理をしてくれる利便性の高さがウリです。

TechCrunchによると全米1,200都市以上・2,600超の拠点に展開しているそうです。実店舗で商品を購入した際と比べて、EC商品は3〜4倍の高さで返品されるそうで、実店舗とECとのギャップ市場を狙っているのがHappy Returnsと言えるでしょう。

Happy Returnsの事業モデルはネットワークビジネスと言えます。創業初期から着実にショッピングモールや配達業社の集荷拠点にもなっている小規模店舗との提携をしてきました。並行してECブランドとの連携も強化。Happy Returnsに返品商品が持ち込まれた際、ECブランド側の在庫管理システムにも情報が伝わり、迅速に顧客をケアできるようになりました。

同社の提供価値は次のようなものです。

  1. 利用顧客はいつも利用している店舗で返品処理できる利便性が受けています。
  2. 利用EC企業は、これまで1つ1つの返品商品の管理及び配送コストに多大な出費をしてきました。そこでHappy Returnsが一定量の返品商品が貯まるまで商品を貯め、一斉に送り返す仕組みを提供することで、在庫管理や配送コストを下げる提供価値を生み出しています。
  3. 提携する返品拠点となる実店舗に対しては、集客数を上げることで貢献しています。

Happy Returnsの創業者らは大手小売「Nordstorm」の返品部門に携わった経験があり、返品プロセスの裏側を知っているバックグラウンドに強みがあります。この点についてもアンフェア・アドバンテージが効いていると言えるでしょう。

フィンテック企業であるPayPalもコロナ禍のEC市場の急成長に伴い、さらに同市場へのテコ入れをしたい戦略が垣間見れます。また、ワクチンが普及しはじめた、いわゆる「ポスト・コロナ」の段階へと移行しつつある中、小売市場全体の再興期を見据えて、リアルでの顧客接点を増やすために今回の買収を仕掛けたのかもしれません。

具体的には実店舗とECの両市場を広く手中におさめる対Amazonへの戦略的な対抗意図を感じます。

Amazonは生鮮食品店舗「WholeFoods」買収を通じて、一挙に全米にAmazonマーケットプレイスの商品受け取り・返品する場所を獲得しており、実店舗を軸としたEC体験を充実させる戦略を敷いています。これに伴い、実店舗体験を充実させることが小さなECブランドにも求められるようになりました。PayPalはこうした実店舗接点とECブランドの橋渡しの市場ポジションを狙っているとも考えられます。

今週(5月10日〜5月17日)の主要ニュース

今回2.8億ドルの調達を発表した「Inari」。Image Credit: Inari。
今回2.8億ドルの調達を発表した「Inari」。Image Credit: Inari。

プラント栽培スタートアップ「Inari」2.8億ドル調達

遺伝子編集された種子を使用することで、肥料や水の使用量を減らしながら作物の収穫量を向上させることを目的としている植物育種企業「Inari」は、シリーズDラウンドとして2億800万ドルを調達した。本ラウンドにはG Squared、Alexandria Venture Investments、Investment Corp.of Dubai、Rivas Capital、Banque Pictet、Pavilion Capitalなどが参加している。— 参考記事

専門家の授業を受けられる動画教育プラットフォーム「MasterClass」2.25億ドル調達

各分野の専門家による授業を配信する定額制のストリーミング・プラットフォーム「MasterClass」は、Fidelity Management & Research Companyがリードとなり、シリーズFラウンドで2億2500万ドルの資金を調達した。このラウンドには他に、Baillie Gifford、Balyasny Asset Management、Eldridgeが参加し、以前からの出資者であるIVP、Javelin、NEA、Owl Venturesも参加している。同社は累計4億7,500万ドル以上を調達したことになり、資金調達後の評価額は27億5,000万ドルと、1年前の3倍に達している。— 参考記事

フリーランス・マッチングサイト「Worksome」1,300万ドル調達

コペンハーゲンを拠点に、企業とフリーランスマッチングさせるプラットフォーム「Worksome」は、1300万ドルのシリーズAラウンドを調達した。出資者の中にはデンマークのビジネスエンジェルであり、テレビ番組「Dragons’ Den」の現地版に出演した投資家であるLøvens Hule氏や、ファミリー向け住宅メーカーのLind & Risør社も含まれている。 — 参考記事

ソースコード管理サービス「BluBracket」1,200万ドル調達

分散環境下でもソースコードリポジトリの安全性を保つ開発者向けサービス「BluBracket」は、シリーズA資金として1,200万ドルを調達した。本ラウンドはEvolution Equity Partnersがリードし、Unusual Ventures、Point72 Ventures、SignalFire、Firebolt Venturesらが参加した。同社はこれまでに1,950万ドルを調達している。— 参考記事

外出プランニング向けSNS「Go」670万ドル調達

ニュージーランドを拠点とし、実世界でのアウトドア・プランにンゴを軸としたソーシャルアプリ「Go」は、、CAV Angelsがリードするシード資金で670万ドルを調達した。現在、シリーズAラウンドに取り組んでいるとのこと。— 参考記事

製品保証プラットフォーム「Upsie」1,820万ドル調達

製品保証を購入するためのプラットフォーム「Upsie」は、True Venturesをリードに1,820万ドルを調達した。より柔軟な形で保証期間の選択を行うことができる、保証市場のDXを進めるサービス。これで同社は合計2,500万ドルを調達したことになる。— 参考記事

マテリアル・プラットフォーム「Waybridge」3,000万ドル調達

原材料のサプライチェーン・プラットフォーム「Waybridge」は、Rucker Park CapitalとCraft Venturesの共同出資により、シリーズBで3,000万ドルを調達した。同社は累計で4,000万ドルを調達したことになる。— 参考記事

ゲーマ・マッチングプラットフォーム「Legiionfarm」600万ドル調達

アマチュアゲーマーがプロゲーマーと対戦できるゲームプラットフォーム「Legionfarm」は、SVB、YC、Scrum VC、および個人投資家から600万ドルを調達した。— 参考記事