ARTICLE

GB Tech Trend #032: アップデートが進む「営業電話」解析スタートアップ

営業オペレーションが、AIによって大きくアップデートされようとしています。なかでも大きな動きがあるのが営業電話の分野です。

ZoomInfoによる買収が発表されたChorus.ai。Image Credit: Chorus.ai。
ZoomInfoによる買収が発表されたChorus.ai。Image Credit: Chorus.ai。

執筆: Universe編集部

グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。

今週の注目テックトレンド

営業オペレーションが、AIによって大きくアップデートされようとしています。なかでも大きな動きがあるのが営業電話の分野です。

従来、企業の電話オペレーターを揃えた部門は顧客との会話を記録しています。しかし、せっかく内容を記録しても活かしきれないという問題がありました。そこで登場したのが、先日5.75億ドルでの買収が発表された「Chorus.ai」です。WebEx、Zoom、Join.Meに代表されるオンライン・ミーティングサービスと連携し、AIを通じて営業電話の自動書き起こし、解析、要点ハイライトの3つの機能を提供します。

これまでただの記録として流れてしまっていた録音データをより効率的に活かすのがChorusです。たとえば営業成績の高い人のデータが集まれば、それらをある種の「公式」として採用することができます。企業の有望な人材のフォーマットを新人に教え込むことで、人材育成をより効率的かつ効果の最大化を図ることができます。

さて、Chorusの買収をしたのが「ZoomInfo」です。同社は2020年6月に上場している営業SaaSツールを開発する企業です。しばしば「Salesforceキラー」と例えられます。

ZoomfInfoは顧客管理ツールですが、その強みは顧客情報の更新性にあります。ウェブ上からクローリングして構築された人事情報データベースと、顧客情報を紐づけて常に最新のステータスが確認できる仕組みになっています。企業データ数は1,400万を超えているそうです。あらゆる人の最新動向がわかることで、どの優先順位でコンタクトを取るべきか判断できるといったSalesforceにはない、痒い所に手が届く機能を実装しています。

Salesforce同様に収益モデルはサブスクリプションです。そのためChorusを買収することで、顧客とのやり取り、そのもののデータもZoomInfoへ連携しようとしていると推察されます。仮に顧客との営業電話データも獲得することができれば、各顧客の人となりや考え方までも分析できるようになるはずです。そうすればより高精度な顧客コンタクトリストの提案が可能となり、他社と大きく差をつけることができます。

ただし、Chorus.aiには大手競合としてSequoiaが出資する「Gong.io」がいます。彼らも急成長中のユニコーン企業でSalesforce Venturesが出資していることから、ZoomInfoと同じく音声AI企業の買収へと動くかもしれません。

いずれにせよ、HR市場では数年以内に大型買収か上場案件が加速することは間違いないでしょう。日本でも同様の動きが見られるかもしれません。

今週(7月19日〜7月25日)の主要ニュース

ユニコーンに向けた大型調達を目指す「GoPuff」(Image Credit:GoPuff)
ユニコーンに向けた大型調達を目指す「GoPuff」(Image Credit:GoPuff)

米国コンビニ市場を脅かす新星「GoPuff」がユニコーン企業目指す

米国フィラデルフィアを拠点とする食料品配送スタートアップ「GoPuff」は、150億ドルの評価額で10億ドルの調達を目指しているとTechCrunchが伝えている。— 参考記事

ビルゲイツ氏含む著名投資家が期待するチーズメーカー「Nobell Foods」が7,500万ドル調達

非乳製品のチーズケーキメーカー「Nobell Foods」は、シリーズBで7500万ドルの資金を調達した。Andreessen Horowitz、Bill Gates氏が支援するBreakthrough Energy Ventures、FootPrint Coalition Venturesなどが出資している。— 参考記事

パスワードを不要とする認証サービス「Magic」が2,700万ドル調達

パスワードレス認証技術企業「Magic」は、シリーズAラウンドとして2,700万ドルを調達した。Northzoneが本ラウンドをリードし、Tiger Global、Volt Capital、Digital Currency Group、CoinFundなどの投資家が参加した。— 参考記事

ブレインコンピューティング関連企業「Paradromics」が2,000万ドル調達

米国オースティンを拠点とするブレイン・コントロール企業「Paradromics」は、シードラウンドとして2,000万ドルを調達した。Prime Movers Labが本ラウンドをリードし、Westcott Investment Group、Dolby Family Ventures、Synergy Ventures、Pureland Global Venture、IT-Farm、Alpha Edisonなどの投資家が参加した。— 参考記事

飲食メーカー「Urban Remedy」が1,800万ドル調達

スナックやコールドプレスジュースのメーカー「Urban Remedy」は、シリーズDラウンドとして1,800万ドルを調達した。Manna Treeが本ラウンドをリードした。— 参考記事

男性用ヘルスケア企業「Pangaea Holdings」が5,300万ドル調達

ロサンゼルスを拠点とする男性用パーソナルケア製品のEC企業「Pangaea Holdings」は、Eurazeoから5,300万ドルの資金を調達した。Uniliver Ventures、GPO Fund、Base10 Partners、Gradient Venturesなどの投資家から1,500万ドルの資金を調達した。— 参考記事

イベント動画撮影企業「LiveControl」、3,000万ドル調達

ライブ配信イベントの撮影企業「LiveControl」は、シリーズAラウンドとして3,000万ドルを調達した。Coatueが本ラウンドをリードし、First Round Capital、Box Group、Susa Ventures、TriplePointなどの投資家が参加した。— 参考記事

決済API企業「Dwolla」、2,100万ドル調達

イア州デモインを拠点とする決済用APIメーカー「Dwolla」は、2,100万ドルを調達した。Foundry Groupがリードを務め、Park West Asset Management、Union Square Ventures、Detroit Venture Partners、Firebrand Ventures、Next Level Venturesなどの投資家が参加した。— 参考記事

クリプト企業「Thesis」が2,100万ドル調達

ニューヨークを拠点とする暗号通貨スタートアップ「Thesis」は、シリーズAラウンドとして2,100万ドルを調達した。投資家には、ParaFi Capital、Nascent、Fenbushi Capital、Polychain Capital、Draper Associatesなどが名を連ねる。— 参考記事