ARTICLE

GB Tech Trend #019: D2CニッチなプロセスのDX化に商機。「Lumi」と「Soona」が取り組むSaaS化トレンド

今では世界的なブームになったD2C市場ですが、なかでも小売ブランドでは大きなインパクトを与える存在となりました。

今回1,020万ドルの調達を発表した「Soona」。Image Credit: Soona。
今回1,020万ドルの調達を発表した「Soona」。Image Credit: Soona。

執筆: Universe編集部

グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。

今週の注目テックトレンド

今では世界的なブームになったD2C市場ですが、なかでも小売ブランドでは大きなインパクトを与える存在となりました。規模は小さくとも、強い世界観を持ったブランドが多く登場し、デジタル広告を駆使した事業形態が盛んに採用されています。

こうした市場の登場に伴い、ニッチな業態にフォーカスするスタートアップも登場しています。たとえば梱包ボックスの「Lumi」です。

米国の梱包市場は2019年に1,800億ドル超える規模になっているそうです。従来、多くの事業者は自社ブランドロゴの入った配達ボックスを大量製造していましたが、D2Cブランドはより作り込んだボックス生産を望みます。

というのもボックスを開けた中身にメッセージ文を付け加えるなど開封時の顧客体験(アンボックス体験)を向上させたいと願う事業者が増えたからです。結果、自社ロゴ・カラーの付いたオリジナルのボックスに対する需要が高まりました。ただし、D2C企業の期待値を超えるボックス工場を探すのは至難です。

そこでLumiは全米の配送ボックス製造工場をネットワーク化し、利用者はダッシュボードを使い、全米各地の工場を指定するだけでオリジナルボックスの生産と梱包プロセスの発注を可能にしました。

D2C市場の立ち上げとともに急速に誕生した需要に応えたのがLumiです。なにより、旧来依然とした市場のSaaS化を行ったのが同社でした。そして今、同様の流れに取り組むスタートアップに「Soona」が挙げられます。

SoonaはD2C企業のプロダクト写真・動画撮影のアウトソーシング先となるサービスを提供しています。先述したとおり、D2C企業はこだわりの強い世界観を持っているのが特徴です。プロ仕様のなかでも、ビビッドなカラーが映えたプロダクト写真等をこぞって展開しようとします。しかし、通常の撮影スタジオではなかなか独自の世界観を表現するのは難しい課題がありました。

そこでSoonaはプロダクトを配送するだけで「映える」プロダクト写真と動画を低価格で24時間以内に撮影してくれるサービスを提供したのです。D2C特化のプロフォトグラファーのネットワーク化に取り組んでいます。

TechCrunchによると、契約フォトグラファーの30%は自宅から撮影しているそうです。現在4,000の顧客を獲得し、前年度比収益は400%増と躍進しているSoonaはLumiと同じく、ニッチでありながら必須であった煩わしいプロダクトプロセスのSaaS化に目をつけと言えるでしょう。ちなみに同社は今回1,020万ドルの調達に成功しています。

商業用写真市場は、2019年時点で18億ドルの規模であるとの試算があります。1企業あたりの平均売上額は50万ドルです。巨大市場ではありませんが、こうしたニッチ市場であっても市場にとっては必ず必要となるプロセスです。Soonaは撮影プロセスのDXとターゲット顧客を絞ることで商機を生み出しました。いずれはアジアにも似たようなサービス形態が登場するかもしれません。

今週(4月12日〜4月19日)の主要ニュース

5,000万ドルの調達に動く「IRL」。Image Credit: IRL。
5,000万ドルの調達に動く「IRL」。Image Credit: IRL。

イベントSNS「IRL」5,000万ドル調達中か

グループメッセージング・イベントカレンダーアプリ「IRL」が、前回投資家から付けられた評価額の10倍に当たる10億ドルの評価額で、5,000万ドル以上の資金調達を目指していると報じられた。The Informationによると、同社は新たな資金調達ラウンドを最終決定していないが、最近、Tiger GlobalやIVPなどを含む投資家からアプローチを受けているとのこと。これまでにGoodwater Capital、Floodgate、The Raine Group、Founders Fundなどの投資家から2800万ドルを調達している。— 参考記事

「Clubhouse」、a16zが40億ドル評価

米国VC「Andreessen Horowitz」は、新たな投資家であるDST GlobalおよびTiger Global Managementとともに行った資金調達ラウンドで、ソーシャルメディアアプリ「Clubhouse」の評価額を40億ドルとしたとのこと。このラウンドは、同VCがリードした1月の評価額を3倍にするもので、ソーシャルメディアのライバルであるTwitterやFacebookも参入するオーディオ市場競争が激化する中での実施となった。— 参考記事

自動運転「Cruise」が約27億ドルの大型調達

General Motorsの自動運転に関する子会社である「Cruise」は、Walmartなどからの追加投資により、最新の資金調達ラウンドで27億5,000万ドルを調達したと発表した。同社は直近では1月にマイクロソフトを含む20億ドルの資金を調達している。— 参考記事

アバターSNS「Itsme」1,520万ドル調達

ニューヨークを拠点とするアバターベースのソーシャルネットワーク「Itsme」は、Alexis Ohanian氏のVCであるSeven Seven Sixをリードに、シリーズAで1,520万ドルの資金を調達した。このラウンドには、Third Kind Ventures、Allen & Company、Scott Belsky氏、TCVやCootueの元投資家で最近Tru Arrow Partnersを共同設立したAdam Silverschotz氏などが参加している。— 参考記事

レストラン決済アプリ「Sunday」2,400万ドル調達

パリを拠点とする、レストランでQRコードをスキャンして支払いを済ませればそのまま退店できる決済アプリ「Sunday」は、Coatueがリードし、New Waveが参加するラウンドで1億4,000万ドルのポストマネー評価額で2,400万ドルのシード資金を調達した。— 参考記事

従来機の自動化をおこなう「Xwing」4,000万ドル調達

広く市場で使用されている航空機「Cessna Grand Caravan 208B」などを自律的に機能させるための技術スタックを開発してきた「Xwing」は、4億ドルのポストマネー評価で4,000万ドルを調達した。今回のラウンドはBlackhorn Venturesがリードし、ACME Capital、Loup Ventures、R7 Partners、Eniac Ventures、Alven Capital、Array Venturesが参加した。今回のラウンドを含め、同社は総額5,500万ドルの資金を調達している。— 参考記事

AIトレーニング・ネットワーク「Scale AI」3億2,500万ドル調達

OpenAIやNvidiaなどの顧客に、自社AI構築に使用できるトレーニングデータを提供する「Scale AI」は、Dragoneer、Greenoaks Capital、Tiger GlobalからシリーズE資金として3億2500万ドルを調達した。Wellington Management、Durable Capital Partnersや、以前からの出資者であるCoatue、Index Ventures、Founders Fund、YCラウンドに参加した。現在、同社の評価額は73億ドルを超えている。— 参考記事

暗号化メッセージアプリ「Wire」2,000万ドル調達

エンド・ツー・エンドの暗号化されたメッセージングアプリ「Wire」は、UVC Partnersがリードする2100万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを実施したという。— 参考記事