ARTICLE

GB Tech Trend #003: Reddit、Twitter、Facebook、動画市場で動き

動画市場で大きなニュースがあった一週間でした。

グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。毎週更新。

今週のテックトレンドサマリ

動画市場で大きなニュースがあった一週間でした。

「Reddit」がTikTokを意識して短尺動画サービスへの参入が報じられました。Redditが買収した「Dubsmash」は一度はユーザー数の立て続けの減少に悩んだ時期がありましたが、奇しくもTikTokの急成長の煽りを受けて米国市場で注目される存在に。2chのような投稿スレッドベースのRedditと口パク動画がどのような親和性を生むのかが期待されます。

一方、「Twitter」はライブ配信アプリ「Periscope」の閉鎖を発表しています。開発費用に見合うだけのユーザー数の伸びが確認できなかったのかもしれません。特に影響しているのは競合サービスの乱立で、Periscopeだからこそ選ばれる理由がない点が挙げられます。

Twitter連携はどのアプリでもできますから、サービス連携の親和性に高い競合優位性が付いてきていません。なにより、最近はホストと視聴者という主従関係のあるサービスではなく、ユーザー同士が対等の関係でコミュニケーションの取れるサービスが人気です。そのため、Twitterはつい先日、画面シェアアプリ「Squad」を買収しています。ライブ配信に画面シェアの要素を足したサービスであり、誰かの配信をただ受け身になって聴くものではありません。 これからは友人同士で楽しめるコミュニケーションやコミュニティを軸にした動画市場が盛り上がりそうです。

今週(12月11日〜12月17日)の主要ニュース

米国の大手投稿チャットサービス「Reddit」がTikTokの競合となる短尺動画アプリ「Dubsmash」を買収。条件は非公開となっている。Dubsmashは音楽に合わせてコンテンツを作る、いわば口パク動画サービス。同社創業者のSuchit Dash、Jonas Drüppel、Tim — 参考記事

Twitterが2021年3月までに同社傘下のライブストリーミングサービス「Periscope」を閉鎖すると認めた。Periscopeは競合のMeercatと2015年に市場シェアを奪い合ったサービスとして有名。Meercatは後に「Houseparty」と名を変え、ゲーム企業「Epic Games」への買収へと至っている。— 参考記事

Facebookがコラボ音楽アプリ「Collab」を発表した。今年になりいくつもの実験的アプリを立ち上げているFacebookであるが、今回もその一環としてリリースされたものだと想定される。— 参考記事

プロジェクト管理ツール「ClickUp」が1億ドルの調達をシリーズBで達成。企業評価額は10億ドルへ上り、今回のラウンドを経てユニコーン入りを果たした。ClickUpは200万ユーザーを抱えるサービス。管理ツールは多く存在する中で、あらゆる機能を盛り込んだ多機能性とカスタマイズ性を売りとしてここまで成長してきた。数多くの外部サービスとの連携も強い。— 参考記事

ユーザーがオリジナルのゲームを制作・発表できる開発プラットフォーム「Roblox」がリアルアバター制作企業「Loom.ai」を買収した。同社買収により、今後開発者は自撮り写真から高精度な3Dアバターの制作も可能となる。Robloxは3,600万デイリーアクティブユーザーを持つ巨大プラットフォーム。本買収を通じて、Loom.aiが持つディープラーニング、AI画像認識、ビジュアルエフェクト等に関する技術を囲いたかったと考えられる。— 参考記事

ソーシャル株式トレードアプリ「Public」はシリーズCにおいて6,500万ドルの調達を達成したと発表。シリーズAおよびBに続き、Accelが本ラウンドのリードを務めた。月間の成長率は30%を維持しており好調だという。コロナ禍における個人投資需要を狙う。— 参考記事

AIと3Dモデル技術を活用した住宅保険サービス「PLNAR」がシリーズAで350万ドルを調達。出資者にはDallas Venture Capitalなどが名を連ねる。同社はデジタル写真から高精度な3Dモデルを生成。顧客宅の詳細な室内空間を再現することで、保険クレームプロセスの合理化を目指す。非接触性を求められるコロナ禍に需要が伸びた形だ。— 参考記事

ラテンアメリカに住む子供向けデビットカードサービス「Mozper」が355万ドルを調達した。同社はY Combinatorのプログラムを卒業している。ブラジルとメキシコで年間使われる子供へのポケットマネー額は100億ドルほど。この市場をアプリとカードを通じて最適化させるのがMozperの戦略という。— 参考記事

従業員向けメンタルヘルスサービス「Modern Health」がシリーズCで5,100万ドルを調達。本ラウンドはBattery Venturesがリードを務め、Felicis Ventures、Kleiner Perkins、Founders Fund、01 Advisors、Afore Capital、Frederic Kerrestらが参加した。コロナの影響もあり、在宅ケアが重視されている今、3月からの顧客数は倍増、売上は25倍にまで膨らんだ。サービス提供国は30か国へと拡大している。— 参考記事